ED治療薬に影響する料理とは

ED治療薬は空腹時に服用するのが好ましいです。
食後に服用できる薬もありますが、料理の影響をまったく受けないわけではありません。
特に脂肪分の多い料理とは相性が悪いです。
ファーストフード、天丼などは沢山の油を使用しているため、油の品質の善し悪しに関係なく避けたほうが無難です。
脂肪はED治療薬の吸収性を下げてしまい、本来の効果を発揮できなくする可能性があります。
もし食事をする場合は、ボリュームは少なめにしておきましょう。
500kcal程度の軽食に抑えておけば、それほど影響は受けません。

ED治療薬に影響しない食事の摂り方は、料理を食べる前にED治療薬を服用して、勃起効果を発現させることです。
ペニスがギンギンになった状態なら、食事をしても問題ありません。
ただし、食後は眠気が襲ってくるので、そのまま眠らないように注意しましょう。
バイアグラだと持続時間は4~5時間と短いので、夜に服用してそのまま朝まで眠ってしまえば、薬効はほぼなくなってしまいます。
シアリスに関しては食事の影響をほとんど受けないとされますが、影響がゼロではないので注意しましょう。
料理を食べることで消化するべき内容物が増えてしまうので、効果の発現に時間を要することもあります。
すぐに性行為を始めたい状況では、やはり食事は避けたほうがいいのです。
性行為が終了してから、ゆっくり食事を摂るのが好ましいです。

日々の食生活では、野菜を沢山食べるように心がけましょう。
野菜はED予防に最適な食材であり、血流をよくしてくれるのです。
食物繊維、ビタミンが豊富で、脂肪の吸収を抑制してくれます。
EDを予防するためには、第一に肥満を予防することが大切です。