メガリスとニトログリセリン舌下錠を併用でめまい

メガリスとはED治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。世界中の国々でED治療薬として使用され、日本でも国の認可を受けて販売されているシアリスですが、メガリスもシアリスと同じ有効成分タダラフィルを使用しており効果に違いはほとんどありません。ジェネリック医薬品の大きな特徴として、高価な先発薬と違い安価に購入できるため、治療にかかる経済的な負担を抑える事ができます。シアリス一錠は約1,500円に対しメガリスは一錠が約250円となっており、高額な治療費のためED治療を受けたくても受けられなかった人におすすめです。メガリスの特徴は約36時間という長い持続時間にあり、他のED治療薬と比べて最も長く効果を得られる薬です。
ED治療薬は基本的に安全な薬で、その中でも有効成分タダラフィルを持つメガリスは、他のED治療薬よりもゆっくり長時間効く性質から、副作用が少ないのが特徴です。ED治療薬はどれも血流を良くする効果があり、それが顔のほてりや鼻づまり、軽い頭痛などを生じさせます。これらの副作用は性行為に支障がない程度であれば、気にする必要はありません。頭痛がしてからのめまいや睡眠障害は稀な副作用ですが、メガリスの効果が薄れていくと同時に収まる症状です。
メガリスには併用してはいけない薬が存在し、特には血管拡張薬の一種である硝酸剤との併用は、命に関わる重大な症状を引き起こす場合があります。狭心症や心筋梗塞の治療薬として処方されるニトログリセリン舌下錠もその一つで、併用により血管拡張効果が高まり、急激な血圧低下が起こります。また、これらの薬が必要な心血管系障害、心筋梗塞や脳梗塞を経験した患者は、病院で医師の診察を受けて治療薬を使用する事が可能か相談して下さい。